無垢フローリング専門店

当社近郊の伝統産業


伏見の伝統産業「伏見酒」

当社が所在する伏見区では、酒造が盛んな地域です。
伏見は酒蔵の町、酒の町とも呼ばれています。

かつて伏見は、「伏水」と書かれていたほど、豊かな地下水に恵まれたところです。

この伏流水が酒づくりの伝統を育てました。  

歴史的に見ると、伏見で酒造が本格的に開始されたのは、江戸初期からと言われています。

寛永二年(1625年)伏見奉行であった小堀遠州が酒造米を開発し、明暦三年(1657年)に初めて酒造株が許可され、約80件ほどが加入して酒造屋仲間を組織しました。このときには、約1万5600石余を醸造しています。

以後、酒造高は、幕府の意向で左右されたようです。  

明治維新の鳥羽・伏見の戦いでは町の大半が焼失し、生産高も1800石となってしまいましたが、後に回復し、明治20年代には、3万2千石以上に増加しました。

明治22年には国鉄東海道線が開通しました。

このことは、伏見の酒造業にとって一つの大きな出来事でした。

この東海道線によって東京方面へ進出し、伏見の酒が全国的に有名になったからです。

 

↑ページの上部へ

無垢フローリングショールーム見学

お見積り、お問い合わせ

あなたの理想にピッタリ合ったフローリング樹種が分かります。

施工を含む設計・デザイン・施工を承ります。

↑ PAGE TOP